イラストレータの下準備。<印刷屋さんに入稿するためのデータを作ろうと思います>

DTP

イラレでA4サイズのチラシ(フライヤー)を作る

ということを例にして、作業工程を紹介していこうと思います。

まずはこちら↑↑↑の画像(画像クリックで拡大)。

A4サイズのチラシをイラレで作る準備が、完了した状態(´ω`)!
とりあえず手順を紹介。詳しい説明は後述で。

あ!トリムマーク = トンボ ね!一応前置きとして!

新規作成で B4サイズ のドキュメントを作る

ファイル → 保存

長方形ツール3つの長方形を作る。
・横216mm×縦303mm
・横210mm×縦297mm ← ※この長方形の線の色は無し(線幅 0)で!
・横190mm×縦277mm

アートボードに整列 で、3つの長方形をドキュメントの中央で重ねる。

横210mm×縦297mm の長方形だけを選択して、
  オブジェクトトリムマークの作成
  ※「効果」の中にある「トリムマーク」は使用しないこと!!

レイヤー名を トリムマーク に変更

新規レイヤー(レイヤー名:ガイド)を作成

3つの長方形すべてを選択して
・編集 → カット
・新しく作成されたレイヤーを選択して
 編集 → 前面へペースト

3つの長方形をすべて選択した状態のまま
  表示 → ガイド → ガイドを作成

新規レイヤー(レイヤー名:本文)を作成

トリムマーク、ガイド の レイヤーをロック

ファイル → 保存

…と、ここまでやったら、
最初の準備完了画像の状態に、なっているはず。


以下、各工程の補足説明(´ω`)

 

● 新規作成で B4サイズ のドキュメントを作る

新規作成するとまず、色んなサイズの候補が出てきますが。

今回は A4サイズのチラシ を作るので B4ドキュメント を選んびました(´ω`)。

作りたいものの完成サイズより、ひとつ大きいサイズを選びます。

ひとつ大きいサイズなのでA3を選んでも構わないのです。
まあ皆さんコピー機やプリンタを使うと思うので把握済みだと思いますが

はがき < B6 < A5 < B5 < A4 < B4 < A3 < B3

ですね(´ω`)。


なぜ ひと回り大きいサイズ でドキュメントを作成するのか。

ここで選んだドキュメントのサイズっていうのは
新規作成したときに最初から表示されている 四角のサイズ のこと。

この 赤いやじるし の指してる黒い線の四角ね(´ω`)。

本来なら完成サイズと同じでも構わないのですが
たまに事故が起きるんです。

このあと作成する トリムマーク がこの画像の右側のように 四角の外側 にあると
異なる制作環境で開いたときに トリムマークが消えてしまう ことがあります。

そうすると、自分は左のつもりで作っていても
右のような状態のデータになってしまうのです。

トリムマークも塗り足しも無い(°-°)!!!!

っていう、事故データになります。

必要なものは、全部ドキュメント内におさめましょう(´ω`)。


●3つの長方形と、ガイドと、トリムマーク

ドキュメント作ったら、次に 3つのサイズの長方形 を作りました。
この長方形を使って、トリムマーク ガイド を作ります。

色々細かく書くけど、まずはこれだけは絶対守ってください。
イラストレータでトリムマーク(トンボ)を作るときのお約束です。

効果」の中の「トリムマーク」は
存在しない機能だと思ってください!

「オブジェクト」の中の
「トリムマーク」を選択してください!

理由はもう考えなくていいです。
効果の中のトリムマーク機能を使って作ると、誰かが涙を流すかもしれません。

それだけは覚えておいてください。゚(゚´Д`゚)゜。

★それぞれの長方形の役割(A4サイズの場合)

 ・横216mm×縦303mm:塗り足しの範囲
 (A4以外のサイズの場合、は仕上がりサイズに、縦横それぞれ6mmずつプラス)
 ・横210mm×縦297mm:用紙サイズ(A4サイズ)
 ・横190mm×縦277mm:情報を記載する範囲(これはお好みのサイズで)

それぞれのサイズの理由は、こちら↓の画像を見ていただければ(´ω`)。

ガイドは必要なのか、って訊かれたら。

無いとつらいよ(´ω`)?

って答えますわね(´ω`)。。。

ちなみに、ガイド無し、トリムマークだけの状態がこちら↓

こんな真っ白な画面眺めてたら、頭の中も真っ白になるべ(´ω`)。。。

この状態の画面でも問題なーい、って人は、
トリムマークを作成するために使う 用紙サイズの長方形 だけ作ればOK(´ω`)。


● レイヤーについて

手順通りに作業したら レイヤーが3つ出来ている はず(´ω`)。
(レイヤーが見当たらない人はツールバー「ウィンドウ → レイヤー」にチェック)

ここで作った トリムマーク ガイド は、絶対に動かしたら駄目(´ω`)。
なので、レイヤーを分けて、それぞれにロックをかけます。

手順では「本文」という名前のレイヤーを追加で作りましたが。
背景」のレイヤーや「画像」だけを配置するためのレイヤーなど。
作っていく途中でどんどん レイヤーは増えていきます
何枚ものレイヤーを重ねて重ねて、データを作っていくわけです。

というところで…レイヤーについてです。

これ、説明するのが難しいんですよ。。。
多分、別途解説記事を作る必要があるやつ…。

以前「バンドマンのためのDTP講座」的なものをやった時。
DTMに馴染みのある人だったため

「(レイヤーは)パートごとにトラックで分けるのと一緒だよ!」
「トリムマークはメトロノームだよ!」
「ガイドはリズムパートだよ!」

…っていう説明で、理解していただきました。

あと、世代が近い人だと「アニメのセル画」を例に出すと
大体理解してもらえます。

DTMに縁のない方、セル画を知らない世代の方。

ごめんなさいもうちょっと時間ください。
うまい説明考えます。゚(゚´Д`゚)゜。

とにかく、レイヤー使って一番やりたいことは

動かしたくないものがあるから、階層変えてロックかける。

です(´ω`)←

タイトルとURLをコピーしました